赤楽 抹茶碗 〔佐々木昭楽〕 光悦「加賀光悦」写し-抹茶茶碗


楽焼窯元、佐々木昭楽による赤楽茶碗。本阿弥光悦によって作られた「加賀光悦」を写した手づくりの抹茶碗です。
本阿弥光悦といえば、桃山時代の数寄者。光悦芸術村を自ら興し、多岐にわたる茶道具や美術工芸品を作り出した名プロデューサーでした。
「加賀光悦」は、光悦の赤楽茶碗としては異色のデザイン。丸みのある作風が多い中、切立型のシャープなデザインです。
また、見所も多く、腰にはくっきりと稜をつけ、胴には鼓胴のようなふくらみをもたせ、平らな口縁には高低の変化があり、口から胴にかけてはほどよい間隔で縦の篦目をつけ、口辺の一部と胴裾に刷毛目による白い景色が見られます。
本歌は大茶人裏千家四世千叟、名年寄中村内蔵助、江戸豪商上田喜平次、大名松平不昧など、数々の名家に引き継がれ、重要文化財として今に伝えられています。
見所が多く、大切に伝えられてきた光悦茶碗を今に再現した昭楽さんによる一品です。

こちらの商品は木箱入りでございます。

商品サイズ: 直径 12.0cm 高さ 8.5cm
※こちらの商品はひとつひとつ手作りのため、サイズは多少の誤差があります。

作:松楽窯
京都・楽焼(日本製)

辞書検索

powered by excite